• ブランド買取ショップおすすめ比較

ブランド衣類の手入れの仕方

エルメスやルイ・ヴィトン、シャネルなどのブランド衣類はサイズが合わなくなったり、流行が終わってしまったりしても中々捨てられないものです。
これらのブランド物はオールシーズン高価買い取りをしてくれます。

しかし、衣類にほつれや傷、シミ、匂いなどがついていたら引き取ってもらえなくなります。
そこでブランド衣類の手入れの仕方をご紹介します。


衣類を長持ちさせるポイント

同じ服を何度も着たり、クリーニングに何度も出していたりしたら洋服の生地が傷んでしまいます。
お気に入りの服を来たらしばらく衣類を休ませる期間を取りましょう。

クローゼットに詰め込みすぎも生地を傷める原因となります。
一定期間着ないものがあれば買い取りに出すなど思い切って処分しましょう。

ウールやシルクなどは虫食いにあいやすい生地です。
そこで毛皮の保管の際には必ず防虫剤を使いましょう。
虫は湿気が大好きなので、防虫剤を使う時には防湿剤も使うようにしてください。

それから食べ物の匂いなどは一度洋服についてしまったら中々とることができません。
服を脱いだらしばらくは風通しの良いところにおいて湿気を飛ばすようにしましょう。
風を通すだけでもかなりの脱臭効果があります。


素材別お手入れ方法

ウールの場合は洗濯ができる表示かどうかまず確認します。
シミなど汚れがある場合はおしゃれ着用洗剤を少量馴染ませておきます。
洗濯機に入れる時は必ず洗濯ネットに入れてから洗ってください。
ウールは伸びてしまう危険性があるので日陰で平干しするようにしてください。
直射日光に当たると色が変わりますし、大きく縮んでしまいますので避けてください。

シルクの場合はまず洗濯できるかどうか表示を確認します。
洗濯機は使わず手洗いします。
その際洗剤はシルク専用の洗剤を使います。
もしなければ無香料のシャンプーで代用できます。
軽くたたんで洗剤の入った水に3分から10分つけておきます。
脱水機をかけずにきれいな水に1分くらいつけてすすぎます。
最後に柔軟剤をつけたら、軽く水気をきって、吊り干しで陰干しします。

リネンや麻の場合は洗濯できる表示があれば選択OKですので、汚れがつきやすい襟や袖口に部分洗い用の洗剤をスプレーしておいてから洗濯します。
摩擦に弱く色あせしやすいので、酸素系漂白洗剤の使用をおすすめします。

ブランド衣類を高額査定してもらうためには何よりも良い状態であることが重要です。
日ごろのお手入れを忘れずに行ってください。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ブランド食器,陶磁器の手入れの仕方

    お客様が来られた時にお茶をいれてお出ししたり、お部屋のインテリアとして飾ったりするブランド食器や陶磁器は見ているだけでとても幸せな気分になります。 これらを手放すのであれば是非高値で買ってもらいたいものです。 そこで希望の値段で買っ...


  • ブランド衣類の手入れの仕方

    エルメスやルイ・ヴィトン、シャネルなどのブランド衣類はサイズが合わなくなったり、流行が終わってしまったりしても中々捨てられないものです。 これらのブランド物はオールシーズン高価買い取りをしてくれます。 しかし、衣類にほつれや傷、シミ...


  • 宝石,貴金属の手入れの仕方

    タンスの引き出しに眠っている宝石や貴金属はありませんか? もしそうなら一層のこと買い取りしてもらいましょう。 しかしせっかく買い取りしてもらうのであればきちんとお手入れをしておいて高額査定してもらいたいものです。 そこで宝石や貴金...


  • 腕時計の手入れの仕方

    使えば使うほど愛着が出るのが腕時計です。 ですから買い取りに出す時はできるだけ高い値段で買い取ってほしいものです。 そこで査定の時に自信を持って手放せるように腕時計の手入れの仕方をご紹介します。 日ごろのお手入れ方法 時計の...


  • ブランドバック,財布手入れの仕方

    お気に入りのブランドバックや財布は毎日丁寧にケアしてあげれば良い状態で保てますから、長期間愛用することができますし、もし買い取りに出す場合でも高値で買ってもらうことができます。 そこで簡単にできるブランドバックや財布手入れの仕方を...