• ブランド買取ショップおすすめ比較

腕時計の手入れの仕方

使えば使うほど愛着が出るのが腕時計です。
ですから買い取りに出す時はできるだけ高い値段で買い取ってほしいものです。

そこで査定の時に自信を持って手放せるように腕時計の手入れの仕方をご紹介します。


日ごろのお手入れ方法

時計の裏蓋やバンドはいつも肌に密着しているので皮脂汚れがつきやすいです。
時計を外したら柔らかい布で水分をふき取るようにしてあげることで時計がさび付くのを防いでくれます。

バンドは多少ゆとりがあるサイズにしておいて通気性をよくしておくと良いです。
防水時計を海水につけた場合は一度真水につけて汚れをおとしてから、柔らかい布で水分をふき取ってください。


金属バンドの場合

汚れや水分をそのまま放置していると錆びの原因になります。
バンドの間にたまった汚れは定期的に歯ブラシなどを使って汚れを掻き出すようにしてください。
ただし表面に傷がつくことがありますので、まずは目立たないところで試してから行ってください。


皮革バンドの場合

水や汗だけでなく直射日光にも弱いです。

これらの原因によって色落ちや早期劣化につながりますので日々のお手入れは大変重要です。
水分がついた状態で放置してしまうとシミになってしまうので、水分がついたら早めに乾いた柔らかい布で水分をふき取ってください。
皮革はこすると劣化してしまうので絶対にやめてください。

また車のダッシュボードなど高温になる場所に放置することも避けてください。
時計を外したら風通しの良い涼しい所に保管するようにしましょう。
また皮革の劣化が見られたら早めにバンドを取り換えることをおすすめします。


ポリウレタンのバンドの場合

光や湿気によってバンドが劣化することがあります。
水がかかった場合は乾いた布でふき取り、水につけて洗う場合は時計本体をラップでくるんでから水に浸すようにして、本体に水がかからないようにしてください。
半透明や白色のポリウレタンのバンドは光によって色落ちや色移りする危険性があります。
衣類やバックと密着して保管しないようにしてください。

弾力性がなくなると取り替え時です。
そのまま使い続けるとひび割れが生じてバンドが切れてしまうので早めに取り換えるようにしてください。


腕時計の高額査定はコンディションが命

自分の腕周りのサイズに合わせるために外したベルトのコマは必ず揃えておいてください。
また電池切れは減額されますから、電池交換もしておくことをおすすめします。
箱や保証書も査定額を決める大切なポイントになりますから捨てずにとっておいてください。






同じカテゴリーの最新の記事

  • ブランド食器,陶磁器の手入れの仕方

    お客様が来られた時にお茶をいれてお出ししたり、お部屋のインテリアとして飾ったりするブランド食器や陶磁器は見ているだけでとても幸せな気分になります。 これらを手放すのであれば是非高値で買ってもらいたいものです。 そこで希望の値段で買っ...


  • ブランド衣類の手入れの仕方

    エルメスやルイ・ヴィトン、シャネルなどのブランド衣類はサイズが合わなくなったり、流行が終わってしまったりしても中々捨てられないものです。 これらのブランド物はオールシーズン高価買い取りをしてくれます。 しかし、衣類にほつれや傷、シミ...


  • 宝石,貴金属の手入れの仕方

    タンスの引き出しに眠っている宝石や貴金属はありませんか? もしそうなら一層のこと買い取りしてもらいましょう。 しかしせっかく買い取りしてもらうのであればきちんとお手入れをしておいて高額査定してもらいたいものです。 そこで宝石や貴金...


  • 腕時計の手入れの仕方

    使えば使うほど愛着が出るのが腕時計です。 ですから買い取りに出す時はできるだけ高い値段で買い取ってほしいものです。 そこで査定の時に自信を持って手放せるように腕時計の手入れの仕方をご紹介します。 日ごろのお手入れ方法 時計の...


  • ブランドバック,財布手入れの仕方

    お気に入りのブランドバックや財布は毎日丁寧にケアしてあげれば良い状態で保てますから、長期間愛用することができますし、もし買い取りに出す場合でも高値で買ってもらうことができます。 そこで簡単にできるブランドバックや財布手入れの仕方を...